曹洞宗北大寺



 

梅花講

梅花流御詠歌

御詠歌
お釈迦様や両祖様(道元禅師様、瑩山禅師)の教えを慕い、敬う心を詩的に表現すると共に簡明なメロディーで表現された仏讃歌です。やさしく穏やかな曲なので、どなたでも唱えることができます。
梅花講
梅花流で用いる鈴鉦
梅花講
それぞれの寺院に集まり、皆で梅花流御詠歌を学びながら信仰と交流を深めています。
北大寺では毎月2回、木曜日の午後から集まって学び、当寺の行事の時には奉詠しています。

梅花講員募集中!
毎月2回、木曜日の午後に行っています。